運営紹介

VOICEの運営に携わるメンバーをご紹介します。

伊藤道子

運営者

はじめまして。

不動産情報サイト『VOICE』運営の伊藤道子と申します。

不動産業界に身を置き、様々なプロジェクトに携わる中で、私なりに何かお役に立つ情報をご提供できないか、また、未来への備えとして、何かをスタートする「きっかけ」づくりができないか、そんな思いから『VOICE ~My Property Management~』を立ち上げました。

私はかつて中堅デベロッパーで働いていましたが、仕入れ→企画→建設→販売→引渡という分譲マンションの基本的なプロセスの中に、実に多くの知識と技術、そして努力があることを学びました。お客様の大切な住まいを無事お引き渡しするまでに、どれほど多くの人が関わっていることか、それを知れば知るほど、『不動産はものづくりそのものである』と実感するに至りました。

また、不動産は人生の転換期には必ずと言っていいほど付き物です。就職、転勤、結婚、子育て、相続等々、人生の大切な局面で、何かしら不動産に関わる決断をしているものです。時には思い描いていたビジョンの変更を余儀なくされる場面もあるかもしれません。そんな時、不動産に関する知己が、きっと皆さまの助けになると思います。

大切な人生の節目に寄り添う機会を頂けることへの感謝を込めて、 不動産情報サイト『VOICE』が、皆さまのプロパティマネジメントのお役に立てること願っています。

伊藤 道子(いとう みちこ)
宮城県生まれ。宅地建物取引士、宅建マイスター、定借プランナー、ホームステージャー。中堅デベロッパーにて広報・営業に関わり、2014年独立。一都三県を中心に、戸建・マンション等、様々なジャンルの不動産事業に携わっている。エクラス株式会社取締役。


四宮朱美

不動産メキキスト

はじめまして。

不動産情報サイト『VOICE』不動産メキキストの四宮朱美と申します。

不動産は住まいや働く場所としての機能もありますが、資産形成という面も持っている不思議な存在です。特に「住まい」は、それが購入したものであっても、借りているものであっても、必要欠くべからざるものです。

父親の仕事の関係から官舎で育った私は、子供の頃から「住まい」の重要性を身に染みて感じ、中学生で親が自宅を建てる際には自ら間取図を作成。大人になってからは20代で中古マンションを自宅として購入、さらに売却から再購入、2件目の自宅は古い団地でしたが建替推進委員の1人として、新しいマンションの建設に参加しました。

買い替えるたびに自然と資産形成ができたうえに、自分にとって快適な環境を手に入れることは人生のサポートになると気づきました。30代からは仕事として数々のマンション、一戸建ての広告を担当、首都圏のあらゆる不動産を見ることで知見を増やし、資格を取ることで不動産の見極め方を身に付けることができたと思います。

また不動産メキキストとして不動産購入のコンサルティングの活動も始めました。このサイトでより詳細で最新の情報をお伝えしていければと思っています。

四宮 朱美(しのみや あけみ)
宅地建物取引士、マンション管理士、マンション管理業務主任者、ファイナンシャルプランナー、ホームステージャー。 SUUMOで不動産広告の作成に20年以上携わり、首都圏の不動産・街商法に特化。現在は不動産全般のコンサルティング、ジャーナリストとして活動している。
・著書『マイホーム物件 得なのはどっち?』河出書房新書