住宅の購入・売却

vol.2 住宅ローンの全体像を把握しておきましょう!

Q1 住宅ローンにはどんな種類があるの?

一般的に利用しやすい住宅ローンといえば、①民間ローン、②フラット35、③財形住宅融資の3つがあります。住宅を購入する際、勧められるままに提携先の住宅ローンに決めてしまう方もいますが、紹介を受けたローンが必ずしも条件的にいいとは限りません。どんな種類があるか把握し、少しでも有利で返済しやすいものを選びたいですね。

Q2 違いはなに?

① 民間ローンは、銀行など民間の金融機関が独自に取り扱う住宅ローンです。金利はもちろん、諸費用や返済方法の面で、それぞれの金融機関がサービスを競い合っています。

② フラット35も民間ローンと同様、民間の金融機関を窓口にして申し込みますが、民間ローンがその金融機関が直接融資するのに対し、フラット35は主に民間の金融機関が貸し出した住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取って証券化する仕組みで成り立っています。

③ 財形住宅融資は、勤務先の財形貯蓄を一年以上行っていて、貯蓄残高が50万円以上ある人が、貯蓄残高の10倍、最高4,000万円まで借りることができる公的ローンです。